新概念VLSIシステム研究室(羽生・夏井研究室)の鈴木大輔助教,羽生貴弘教授がThe 3rd ImPACT International Symposium on Spintronic Memory, Circuit and Storage においてBest Poster Awardを受賞(2018年6月29日)

新概念VLSIシステム研究室(羽生・夏井研究室)の鈴木大輔助教,羽生貴弘教授がThe 3rd ImPACT International Symposium on Spintronic Memory, Circuit and Storage においてBest Poster Awardを受賞(2018年6月29日)

新概念VLSIシステム研究室(羽生・夏井研究室)の鈴木大輔助教,羽生貴弘教授が、The 3rd ImPACT International Symposium on Spintronic Memory, Circuit and StorageにおいてBest Poster Awardを受賞しました。

本賞は、The 3rd ImPACT International Symposium on Spintronic Memory, Circuit and Storageにおいてポスター発表を行った者のうち、特に優秀な発表を行った研究者に贈呈されるものです。受賞対象となった発表は、「 Design of a Multi-Functional MTJ-Based FPGA for an Ultra-Low-Power Microcontroller Unit」(著者:鈴木大輔、羽生貴弘)です。

お問合わせ先

東北大学電気通信研究所
システム・ソフトウェア研究部門
新概念VLSIシステム研究室
(助教)鈴木大輔
TEL:022-217-5508