新概念VLSIシステム研究室の加藤 諒さん(博士課程前期1年)が2020年度電気関係学会東北支部連合大会において電子情報通信学会東北支部学生優秀論文賞を受賞(2020年12月23日)

新概念VLSIシステム研究室の加藤 諒さん(博士課程前期1年)が2020年度電気関係学会東北支部連合大会において電子情報通信学会東北支部学生優秀論文賞を受賞(2020年12月23日)

新概念VLSIシステム研究室の加藤 諒さん(博士課程前期1年)が,2020年8月27日に開催された2020年度電気関係学会東北支部連合大会において電子情報通信学会東北支部学生優秀論文賞を受賞しました.

本賞は,電気関係学会東北支部連合大会において,電子工学および情報通信の発展に貢献しうる優秀な一般講演論文を発表した若手研究者に対し授与するものであり,今回の受賞論文は,「大規模インバーティブルロジック回路実現へ向けた設計自動化手法(著者:加藤 諒, 鬼沢 直哉, 羽生 貴弘)」によるものです.

お問合わせ先

東北大学電気通信研究所
システム・ソフトウェア研究部門
新概念VLSIシステム研究室
[ 准教授 ] 鬼沢直哉
TEL:022-217-5508