公募情報」カテゴリーアーカイブ

【公募終了】指定国立大学法人東北大学 高等研究機構・先端スピントロニクス研究開発センター (世界トップレベル研究拠点)助教公募

【公募終了】指定国立大学法人東北大学 高等研究機構・先端スピントロニクス研究開発センター (世界トップレベル研究拠点)助教公募

指定国立大学法人東北大学では、本学ですでに高い実績を誇るスピントロニクス研究を世界随一のものとするため、先端スピントロニクス研究開発センター(世界トップレベル研究拠点)を昨年創設しました。
本センターでは、将来の活躍が期待される気鋭の若手研究者を下記の要領で公募いたします。

求人人員

助教1名

着任時期

平成31年4月1日

研究内容

本センター所属の教授あるいは准教授をリーダーとするいずれかの研究グループに参加し研究を行う。主な研究内容は、スピンを基軸とする基礎科学、先進スピントロニクス材料、スピントロニクスデバイス、スピントロニクスデバイス集積技術に区分される。研究グループについては、次のウェブサイトを参照のこと。

URL: http://www.csis.tohoku.ac.jp/NEW_CSIS/japanese/member-JP.html

応募資格

関連する学位(博士号)を取得、あるいは着任までに取得見込みであること。

雇用形態

  1. 給与等:国立大学法人東北大学の規定による。

  2. 雇用期間:着任から平成35年3月末日まで。

提出書類

  1. CV with a photo

  2. Publications list

  3. A short summary of past research achievements (1-2 pages)

  4. Representative publications (up to 3 articles)

  5. Name of a professor or associate professor you hope to collaborate with.

  6. A short summary of research plan (1-2 page).

  7. List of two references and contact information (Name, affiliation, e-mail address)

使用言語は英語とする。

応募締め切り

公募は終了しました。

応募先

応募書類の電子ファイル一式をメールに添付して提出すること。電子ファイルの形式はPDF形式とし、送り先はwlrcs-koubo*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)とする。なお、提出書類は採用審査のみに使用し、本選考に関係のない第三者には開示しない。

問い合わせ

本公募に関する一般的問い合わせ先:

水上成美,wlrcs-koubo*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

研究グループ・研究内容等については,各研究グループ代表者等に直接問い合わせのこと。

【公募終了】東北⼤学電気通信研究所 情報デバイス研究部門 誘電ナノデバイス研究室 教員公募 特任助教または研究員1名

【公募終了】東北⼤学電気通信研究所 情報デバイス研究部門 誘電ナノデバイス研究室 教員公募 特任助教または研究員1名

東北⼤学電気通信研究所 誘電ナノデバイス研究室では科研費基盤研究(S)「⾮線形誘電率顕微鏡法を⽤いた界⾯電荷輸送現象における諸問題の起源解明」に従事する特任助教もしくは科研費研究員を募集いたします。

求人人員

1名

所属

東北⼤学電気通信研究所 誘電ナノデバイス研究室

URL:http://www.d-nanodev.riec.tohoku.ac.jp

応募資格

博⼠の学位取得者または取得⾒込みの者で当該研究の遂⾏に必要な能⼒を有する⽅

着任時期

出来るだけ早い時期

(2019年4⽉1⽇以降も可)

任期

任期:2019年3⽉迄。(2019年4⽉以降着任の場合は2020年3⽉迄)

年度更新で最⻑2022年3⽉まで更新可

提出書類

  1. 履歴書

  2. 研究業績概要(A4版2枚以内)と主要論⽂3編以内の別刷り(コピー可)

  3. 研究業績リスト(査読あり論⽂,査読なし論⽂,解説・著書,特許,新聞発表など)

  4. 研究への抱負(A4版1枚程度)

  5. 応募者について所⾒を伺える⽅2名の⽒名と連絡先

募集期間

公募は終了しました

書類送付・

問い合わせ先

〒980-8577

仙台市青葉区片平2-1-1

東北大学電気通信研究所

誘電ナノデバイス研究分野

⻑ 康雄

電話:022-217-5529

FAX:022-217-5529

E-mail:e-mail:yasuocho※riec.tohoku.ac.jp(※を@に置き換えてください)

※ 封筒に「特任助教・研究員公募」と朱書きし、書留とすること。

応募書類は返却致しませんが、応募書類は厳重に管理し、選考以外の⽤途には使⽤しません。

備考

必要に応じて追加書類の提出を求める場合や⾯接を行うことがあります。

ただし、⾯接に要する旅費等は応募者の負担となります。

適任者がいない場合は採⽤を⾒送る場合があります。

【公募終了】東北大学電気通信研究所 システム・ソフトウェア研究部門ソフトコンピューティング集積システム研究室 教員公募 助教1名

【公募終了】東北大学電気通信研究所 システム・ソフトウェア研究部門ソフトコンピューティング集積システム研究室 教員公募 助教1名

東北大学電気通信研究所では,助教職の教員を下記により公募いたします。

人員

助教 1名

所属

東北大学電気通信研究所

システム・ソフトウェア研究部門

ソフトコンピューティング集積システム研究室

職務内容

堀尾喜彦教授と協力し、脳型情報処理ハードウェア、特に、ブレインモルフィック集積回路システム、高次元複雑ダイナミクスを用いた情報処理集積回路システムなどの研究を推進する。また、(学部)電気情報物理工学科と(大学院)情報科学研究科の演習、実験、研修などを担当する。

着任時期

出来るだけ早い時期

任期

6年(再任可)

応募資格

博士号取得者。研究室学生の研究指導に意欲的に取り組む研究者を希望する。

また、アナログ集積回路の設計・製作実績がある者、あるいは、非線形ダイナミクスの知識を有する者。

研究に必要な計算機環境の設定・管理ができる方が望ましい。

選考方法

書類選考および面接による。

提出書類

  1. 履歴書 (顔写真, 電話番号, 電子メールアドレスを含む)

  2. 業績リスト(学術論文、参考論文(国際会議論文など)、解説記事、著書、特許、招待講演、受賞、学会・社会における活動状況、代表あるいは分担者としての競争的資金獲得状況、その他の特記事項、に分類してください。)

  3. 主要論文別刷り (3編以内, コピー可)

  4. 研究業績の概要 (2000字以内)

  5. 今後の研究計画および教育に対する抱負 (2000字以内)

  6. 応募者の能力や人柄を評価できる2名の氏名、所属、連絡先住所、電話番号、Eメールアドレス

    *書類はA4判用紙に横書き、項目毎に別葉としください。

書類提出方法・

提出先

提出書類をPDFファイルに変換し,USBメモリまたはCD-R,DVD-Rディスクのいずれかに書き込んで、簡易書留にて下記まで送付してください。

紙の書類は不要です。また、電子メールでは受付けません。

〒980-8577

仙台市青葉区片平2-1-1

東北大学電気通信研究所 堀尾 喜彦

※ 封筒に「ソフトコンピューティング集積システム研究分野 助教公募書類在中」と朱書して書留にて送付下さい。応募書類は返却いたしません。

公募締切

公募は終了しました。

照会先

東北大学電気通信研究所 堀尾 喜彦

電話:022-217-5558

E-mail:horio※riec.tohoku.ac.jp(※を@に置き換えてください)

待遇

東北大学就業規程によるものとします。

備考

東北大学は,男女共同参画を積極的に推進しています。男女共同参画の取り組みについては下記URLをご覧下さい。

http://www.bureau.tohoku.ac.jp/danjyo/